仏国内の電力供給、原子炉の停止などでやや逼迫

仏国内の電力供給が逼迫気味となっており、様々な対策が採られている。こうした状況は9月時点では異例で、しかも気温が例年よりも高いだけに珍しいケースとなっている。これはまず、フェッセンアイム原子力発電所(...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。