ドイツ、1500人以上の難民受け入れを決定

ドイツのショルツ副首相は9月15日、9日に消失したモリア難民キャンプに収容されていた1万2000人以上の難民のうち、保護者のいない未成年者150人のほかに、ギリシャ当局により難民と認定された1553人...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。