エンジー、インドに200MW級の太陽光発電施設を設置へ

仏エネルギー大手エンジー(GDFスエズ)は、インド西部グジャラート州において200MW級の太陽光発電施設を設置する。これに向けて、アジア開発銀行から6550万ドルの融資を確保した。施設は、ラガネスダ・...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。