ルペンRN党首、政府の治安対策を批判

フランスの最大野党RN(極右)は9月の第一週末に南仏フレジュスで夏季集会を催した。6日の閉会に際して、ルペン党首は今夏に発生した一連の暴力事件などをあげて治安の悪化を指摘し、政府の無策と無気力を厳しく...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。