バッテンフォール、ドイツの最新型石炭火力発電所閉鎖を検討

スウェーデンの国営エネルギー企業バッテンフォールのハルCEOは、南ドイツ新聞のインタビューに答え、独ハンブルクにあるモーアブルク石炭火力発電所(設置容量1.6GW)の閉鎖を検討していると述べた。採算性...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。