ドイツ:メルケル首相、5年前の「難民100万人受け入れ」決定を正当化

ドイツのメルケル首相は8月28日、毎年恒例の夏休み明けの記者会見に臨んだ。首相は、ちょうど5年前の2015年の夏にシリアなど中東方面から多数の難民を受け入れる方針を決めたことについて、その決定は妥当だ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。