独大手労組、時短を提唱

ドイツの最大労組IGメタル(金属産業労組)のホフマン会長は南ドイツ新聞とのインタビューで、2021年の金属・自動車部門の労使交渉で時短を要求する方針を表明した。電気自動車の製造に必要な人員は内燃エンジ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。