ブルーカラー就労者数、530万人まで低下

INSEE統計によると、全国のブルーカラー就労者数は2019年に530万人となった。1982年にはこの数は700万人近くに上っており、雇用全体の30%を占めていたが、40年近くを経て顕著に数は減り、雇...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。