国民一人当たりのGDPと可処分所得の推移、フランスでは大きな乖離=OECD統計

経済協力開発機構(OECD)が8月6日に発表した集計によると、OECD加盟国における国民1人当たりの国内総生産(GDP)は、1-3月期に前の期比で2.0%の後退を記録した。その一方で、国民1人当たりの...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。