マクロン大統領、ベイルートを訪問

マクロン大統領は6日、レバノンの首都ベイルートを訪問した。市内の港湾地区で発生した爆発事件から2日後に、外国の首脳として初めて同国を訪問した。大統領は厳しい調子でレバノンに改革を求めた。
4日に発生した事件では、港湾の倉庫に貯蔵されていた硝酸アンモニウムが爆発したと考えられている。少なくとも135人が死亡、5000人程度が負傷し、爆風のため市内の半分程度の地区で建物の倒壊や損傷などの大きな被害が出た。被災者は30万人に上る。爆発の原因になった2700トンという大量の硝酸アンモニウムは、6年前から港湾内の倉庫に放置されていたとみられており、それ自体が破綻国家レバノンを象徴する事実でもある。
マクロン大統領は事故現場を訪問し、市民たちと接する場面もあった。大統領は、レバノンが長らく、政治、倫理、経済、金融上の危機に直面している、と語り、力強い政治的なイニシアチブが求められていると言明。足元の人道援助を超えてレバノン支援を行う上で、汚職排除をはじめとする政治的な改革が前提になるという考えを強調した。大統領はまた、9月1日にレバノンを再度訪問すると予告。その際にレバノンの指導者らが約束を守らないなら、しかるべき決定を下す、と述べたが、具体的な対応については明言しなかった。レバノンはフランスの保護領だった過去があり、大統領に接した市民たちからは、現政権への絶望から、フランスがレバノンを取り戻し、立て直してほしいと望む声も聞かれた。マクロン大統領はその後、アウン大統領、ディアブ首相、ベリ国会議長と会談。また、市民社会の代表や政党のリーダーらと会談した。