仏行政最高裁、ブイグ・テレコムの5G入札延期要求を退ける

仏行政最高裁(コンセイユ・デタ)が7月21日に5G周波数入札の延期を求める仏通信ブイグ・テレコムの訴えを急速審理で退けていたことが明らかになった。ブイグ・テレコムの親会社である仏ブイグのマルタン・ブイ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。