ARENH契約問題:パリ高裁、トタル・ディレクトエネルジーの主張を支持

ARENH制度(仏電力大手EDFが、原子力発電量のうち最大で100TWhを毎年、1MWh当たり42ユーロで競合事業者に卸販売する制度)による電力購入契約を巡ってEDFと電力小売企業のトタル・ディレクト...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。