米国政府、ドイツ駐留の兵員1万1900人を削減へ

米国政府は7月29日、ドイツに駐留する米国軍兵員を削減すると発表した。合計で1万1900人を削減する。うち6400人は本国に帰還し、5600人は他の欧州諸国(ベルギー、イタリア、ポーランド、バルト3国...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。