家計景況感総合指数、7月に後退:貯蓄増加に伴う個人消費へのブレーキに懸念も

7月29日発表のINSEE統計によると、家計景況感総合指数は7月に94となり、前月から2ポイント低下した。同指数は、外出制限中の5月に92ポイントまで低下し、6月には96ポイントまで回復したが、7月に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。