アルジェリア:ソナトラック、スキクダ天然ガス液化施設の操業を再開

国営ソナトラックは7月21日、スキクダにある天然ガス液化施設(GL1K)の操業を7月16日に再開したと発表した。同施設は、定期的な保守工事のために全面的に操業を停止していた。当初、保守作業は2ヵ月で終...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。