政府、700万人の低所得者に4000万枚のマスクを無料配布へ

ベラン保健相は7月22日に仏国営テレビ局に出演した機会に、700万人の低所得者に対して4000万枚の布製マスク(30回まで洗濯可能)を無料配布すると発表した。仏では7月20日から屋内の公共の空間におけるマスクの着用が義務化されるなど、着用が義務化される機会が拡大しており、それに連れて、マスク購入にかかる経済的負担が懸念されている。政府はこれに配慮して一部の国民向けの無料配布を決めた。郵送による配布を予定し、そのために政府はラポスト(郵便局)と合意した。また保健相は、新型コロナウイルス感染症に罹患するリスクが大きい200万人に対しても、サージカルマスクの購入費用を健保が100%払い戻しする措置も導入する。
なお保健相は、PCR検査の実施可能件数について、外出制限が解除された時点での週20-25万から現時点では40万に改善されたが、目標とする70万には達していないことを認めた。