ADEME、二酸化炭素回収・貯留技術の国内での活用可能性は「限定的」と評価

仏ADEME(環境・省エネ庁)は7月21日、二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術に関する意見を発表した。この中で、仏国内での利用可能性は「限定的」なものにとどまると評価、CO2排出量実質ゼロ(カーボンニ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。