EDP、イベリア半島の石炭火力発電所を閉鎖へ

ポルトガル・エネルギー大手EDPは、イベリア半島に保有する石炭火力発電所すべてを2021年1月までに閉鎖すると発表した。再生可能エネルギーへの特化を進める。同社はすでにポルトガル・シーネスの石炭火力発...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。