モザンビーク:サソール、海洋ガス田開発から撤退

南アフリカの石油化学大手サソールはモザンビーク沖の海洋天然ガス田「16/19」から撤退する。財政難に直面し、ガス田の維持・開発に必要な資金を確保できないことを理由に、保有権益の全てをモザンビーク政府に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。