ペルピニャン市を中心とする自治体連合、極右RNのアリオ候補が議長就任逃す

南仏ペルピニャン市を中心とする自治体連合PMMにおいて、議長選出の投票が7月11日に行われた。ペルピニャン市のルイ・アリオ市長(極右RN)を抑えて、ロベール・ビラ候補(共和党)が選出された。
自治体...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。