新型コロナウイルスによる海洋汚染、現時点で確認されず

仏海洋開発研究所(IFREMER)は2週間に1回、沿岸20カ所で、2週間毎に採取した海水と貝類を対象に新型コロナウイルス検査を実施している。検査場所は人の排泄物の影響を受けやすい場所として知られている...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。