北欧における放射性物質検出:IAEA、原子炉由来と推定

スウェーデン、ノルウェー、フィンランドにおいて6月最終週に微量ながら通常を超える量の放射性物質(セシウム137、セシウム134、ルテニウム103)が検出された件で、国際原子力機関(IAEA)は7月3日...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。