ドイツ:国防軍の精鋭部隊が抜本的に見直し、極右浸透の対策で

ドイツのクランプカレンバウアー国防相は1日、国防軍の精鋭部隊であるKSKの抜本的改革を予告した。極右勢力が浸透を見せている現状を重く見て、改革を決めた。
KSKは1996年に設立された。その2年前に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。