オルキルオトEPRを担当するアレバSA、CEOが交代

フィンランド・オルキルオト原子力発電所のEPR(第3世代加圧水型炉)建設を担当する仏アレバSAは6月15日、フィリップ・スリエCEOの退任を発表した。後任は、現原子炉大手フラマトム(EDF傘下)のフィ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。