ASN、ゴルフェッシュ原子力発電所の運営状況に強い懸念を表明

ASN(仏原子力安全局)ボルドー部門のフレモー責任者は6月15日、記者会見において、ゴルフェッシュ原子力発電所(タルヌエガロンヌ県)の運転の質が2019年に「悪化」したと述べた上で、現在の運営状況が「...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。