パリ高裁、ボアアウトを認定

パリ高裁は2日、ボアアウトによるモラルハラスメントがあったと認定する判決を下した。下級審であるパリ労働裁判所の2018年の判決を追認した。
この訴訟は、Interparfums社(香水)の元管理職が...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。