ASN、ラアーグ再処理工場核燃料プールの飽和リスクを指摘

ASN(仏原子力安全局)のマンション・ノルマンディー部門責任者は6月2日、ビデオ会見において、仏原子力大手オラノが運営するラアーグ再処理工場の核燃料プールの飽和リスクを指摘した。責任者は「短期的には問...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。