クロロキン推進派、ランセット誌の論文を非難

新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されていたクロロキン等の副作用のリスクを巡る議論が再燃している。5月22日に専門誌ランセットが掲載した論文の内容に虚偽があると、クロロキン推進派が批判している...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。