ユーロ圏の経済に底打ち感

マークイット社は5月21日、ユーロ圏の5月の総合PMI(購買担当者景気指数)を30.5と発表した。PMIが50を下回ると景気は後退局面にあるとみなされるため、新型コロナウイルス危機の顕著な影響が続いて...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。