独政府、輸送・建物部門の排出量価格を引き上げ

独政府は、昨年発表した環境戦略において、2021年に国内の輸送、建物部門に排出量取引市場を拡大することを予告し、その価格を2021年に二酸化炭素1トンあたり10ユーロ、2025年に35ユーロと設定した...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。