ルノー、バティイ工場の操業再開で労使が対立

仏自動車大手ルノーは5月18日からバティイ工場(仏北東部グランテスト地域圏)で夜間操業を再開するが、労組がこれに反発しており、成り行きが注目されている。同工場は小型商用車「マスター」を生産しており、従...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。