メルケル独首相、ユーロ圏の統合前進に意欲示す

ドイツのメルケル首相は5月13日、連邦議会で行われた代表質問の際に、欧州中央銀行(ECB)による量的緩和政策を問題視する判決をドイツ連邦憲法裁判所が下した件について、見解を明らかにした。極右政党AfD...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。