新型肺炎の被害、精神病棟では比較的に軽微

新型肺炎の被害はこれまでのところ、精神病棟においてはさほど大きくないという。入院している精神病患者には、リスクの高い人(肥満、糖尿病患者など)も多く、感染予防措置を守らせることも難しいため、被害が懸念...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。