オラノの広告、自主規制団体が問題視

仏ARPP(広告業界の自主規制団体)は5月4日、仏原子力大手オラノが2019年末に地方紙、ラジオ、インターネットで流していた広告を問題視する意見を表明した。オラノはこの広告において「使用済み核燃料のう...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。