仏政府:新型コロナ感染防止アプリは5月末には稼働可能

仏政府は5月3日、開発中の新型コロナ感染防止アプリ「StopCovid」が5月末か6月初めに稼働可能となるとの見通しを明らかにした。同アプリに関しては、ベラン保健相が2日に、外出制限解除が予定される5月11日には利用可能とはならないが、アプリの準備ができたならば、国会での特別審議の対象となるだろうと言明していた。
仏政府が開発を進めている新アプリは、GPSによる個人の位置特定ではなく、ブルートゥースにより近隣のスマホとの接触を記録する形を取る。「StopCovid」開発の中心となっている仏通信オレンジと仏情報処理サービス大手キャップジェミニは4月30日、新アプリの開発は5月後半には完了すると説明している。