航空業界、安全対策に苦慮

フランスの航空輸送業界では、事業の段階的再開を睨んで従業員・旅客の安全確保措置を検討しているが、旅客の快適さへの配慮と衛生安全の確保の狭間で対応に苦慮している。事業を継続しているロワシーCDG空港では...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。