欧州中銀、量的緩和拡大の可能性を示唆

欧州中央銀行(ECB)は4月30日に定例理事会を招集した。この機会に、新型コロナウイルス禍に伴う景気後退を踏まえて、資産買い入れの量的緩和措置を拡大することも辞さないとの見解を表明した。金利は予想通り...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。