コロナ禍に伴う仏原子炉の保守作業の遅れ:ASN、EDFとの間でスケジュールについて協議

ASN(仏原子力安全局)のドロスチュク局長は4月28日、コロナ禍を背景とした国内原子炉の保守作業の遅れについて、運転事業者EDFとの間で作業スケジュールの変更について協議を行っていると述べた。上院の国...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。