チェルノブイリ火災:仏国内でも微量の放射性物質を観測(IRSN)

ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所跡地近くで森林火災が発生している件で、仏IRSN(放射線防護原子力安全研究所)は4月24日、気流と共に仏国内に流れ込んだ放射性物質の観測結果について発表した。火災...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。