フラマトム仏工場で勤務の派遣社員、新型コロナで死亡

仏原子炉大手フラマトム(EDF傘下)の仏ロマンシュルイゼール燃料集合体製造工場(ドローム県)で勤務していた派遣社員(53)が4月18日に死亡した。労組CGTが発表した。この派遣社員は、18ヵ月前から同...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。