独政府、次期戦闘機をユーロファイターに決定:ボーイングのF-18も採用

独政府は4月21日、独空軍のトーネード戦闘機の後継機としてユーロファイター及びF-18を選択したと発表した。欧州エアバスが製造するユーロファイターを93機、米ボーイングが製造するF-18を45機、それ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。