新型コロナ危機の中で役務を継続する仏ヴェオリアの浄水場

仏日刊紙ルフィガロは4月14日付で、ヴェオリア(環境サービス)が運営するパリ首都圏ショワジー・ル・ロワ市(バルドマルヌ県)の浄水場について報じた。
この浄水場は、セーヌ川から採取した水を浄化して、パ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。