ヒドロキシクロロキンを巡る論争、陰謀論も浮上

マルセイユ大学病院に勤務するディディエ・ラウール医師が提唱するヒドロキシクロロキンによる新型肺炎治療が論争の対象となっている。政界では、右派に熱心なサポーターが多く、左派は懐疑的というはっきりした色分...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。