ボスニア、3Dプリンタでマスク不足に対処

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大でマスクの需要が急増している中で、ボスニア(人口350万人)でも数週間前からマスク不足が深刻だが、ゼニツァ大学は3Dプリンタを用いて医療用フェイス...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。