ADP、従業員の80%に一時帰休措置を適用へ

パリの主要空港であるオルリー空港とロワシーCDG空港を運営するADP(パリ空港会社)は、6295人の従業員(90%がフランス)の80%に対して3月23日から一時帰休措置を適用する。19日に開かれた労使...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。