仏通信事業者、新型肺炎に伴うトラヒック急増に備える

新型肺炎の感染拡大により、休校措置とテレワークが一般化したことから、仏通信事業者はトラヒック急増への対処を迫られている。休校措置で先行したイタリアの場合、トラヒックが70%増加したという。フランスでも...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。