ガラス容器の欧州製造部門、CO2排出量を半減する新型炉を共同開発へ

FEVE(欧州ガラス容器連合)は3月16日、ガラス容器を製造するための溶解炉の刷新を目的としたプロジェクトを発表した。大手20社が共同で取り組み、CO2排出量の50%削減を可能にする新型炉の開発を目指...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。