トタル、ダンケルクに25MW級の蓄電施設を建設へ

仏石油大手トタルは3月12日、仏ダンケルク(ノール県)に25MW/25MWh級の蓄電施設を建設すると発表した。同社の製油所跡に傘下のザフト製リチウムイオン・バッテリー11基を設置する。今年10-12月...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。