PSAのガロワ会長、FCAとの統合実現まで残留へ

仏自動車大手PSAは3月11日、ガロワ監査役会会長が伊同業フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との経営統合が実現するまで「継続性を保証するため」現職にとどまると発表した。会長は76歳で...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。