仏国内の原子力発電所従業員、3人が新型コロナウイルスに感染

仏電力大手EDFは3月10日、国内の原子力発電所で働く従業員3人が新型コロナウイルスに陽性と診断されたと発表した。発電そのものへの影響はない。これらの従業員は、フェッセンハイム(オーラン県)、ベルビル...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。